So-net無料ブログ作成
検索選択

今日もiPodでアルバム・シャッフル [音楽]

昨日のボブ・ジェームスのアルバムでのギターはチャック・ローヴでした。家にはCD置き場がなくなってきたけれど、場所は大体憶えているので意外と早く見つかった。僕はCDケースはプラ・ケースが好きです。背表紙がはっきりわかるから、タイトルを探すのが比較的早いのです。しかし、棚の重さが結構な重量になる。軟弱な床の構造なので、そのうち床が抜けるかもと、ひそかに恐れているけれど、CDはたまって行くばかり・・・。それを考えると小さなiPodにアルバム約400枚分がアップル・ロスレスで入ってしまうのは、便利というか、技術の進歩は恐ろしいものである。今160GだけれどもHDの容量はコンパクトで大容量化が進んでいるから、そのうち200とか300GのiPodが現れる可能性は十分にある。できれば、音質はCDなみで自分の持っているコレクションがすべて入るようなHDがあれば良いが、それは無理。かといってiPodを何十個も入手するのも不可能である。

『ランド・オブ・ザ・サン』
チャーリー・ヘイデンの詩情あふれるアルバム。カルテット・ウエストの雰囲気があるけれど、ギラギラした太陽よりも、カラッとした気候の太陽の日差しを思い浮かべる。ヘイデンのベースは地面を、サックスとピアノが暖かな日差しを表しているようだ。しかし、今日も暑いですね。

ランド・オブ・ザ・サン









『サンベア・コンサート』OSAKA
キース・ジャレットのソロ・ピアノ。iPodにお気に入りのレートを入れることができるんだけど、4つ星(5つ星中)を付けている。日本での録音で、菅野さんが録音したもので、本来のECMの音とはちょっと違うが、キースの演奏は、いつも素晴らしい。70分強の時間があっという間に過ぎて行く。この『サンベア・コンサート』のジャケットのデザインが好きです。

サンベア・コンサート











『サーカ』
マイケル・ケインのECM作品。彼のピアノは、複雑だけれども洗練されたアーバンな雰囲気がある。このアルバムでちょっと頭を撹拌してもらった。

サーカ










『スムーチー』
教授のアルバムから。「美貌の青空」は名曲だが、教授のヴォーカルは頂けないですね。YMOの頃からの、歌いたがり症が抜けてないのね・・・。

SMOOCHY スムーチー









『センデロス』
バンドネオンのディノ・サルーシとドラムスのヨン・クリステンセンの作品。これもECM。今日は、ECMが良くかかる。でも、ECMでこういう作品があるって言うのもアイヒャーの凄さが表されている。ECM恐るべしである。

センデロス


nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 5

コメント 4

雨水

お久しぶりです。
>そのうち200とか300GのiPod
サンベア・コンサートなんて、全部で400分あるし入れられないんじゃないですか?;

僕はPCで外付けHDケースを使って、古いHDをUSBで繋いで使っているから思うわけですが・・
出来れば、HDを脱着できるようになれば、経済的に助かりますね。
ジャンル別にHDを分けといて・・
というか、メモリー型のMP3プレイヤーでは既にそういうのがありますね。
by 雨水 (2008-07-27 01:51) 

nyan

龍一教授、ジャケが中世的・・・。

by nyan (2008-07-27 16:31) 

空兵ーS

YAMAHAとSONNYにハードディスク搭載の据え置き型CDプレーヤーがあるんです。
YAMAHAはHDD交換式で400GBまでのHDDが搭載できて、音楽を圧縮せずに保存できるそうです。音もいいそうです。ただ、ソニーにしてもYAMAHAにしても、使い勝手かいまいちだそうで。(YAMAHAは音楽データーを取り込めない)
今回、ipod160GBとYAMAHAと悩みましたが、使いかってと値段でipodに決めました。
出来れば、YAMAHAに改良型を出して欲しいんですが。
by 空兵ーS (2008-07-28 09:58) 

イチロ

xml_xslさん、雨水さん、nyaさん、空兵ーSさん、nice!をありがとうございます。


雨水さん、
お久しぶりです。お元気ですか?
160Gだと時間にしてまる20日分(480時間)の音楽データを記録できます。iPodはHDとしても機能するし、異なるPC間からも音楽を共有できるので結構便利ですよ。


nyaさん、
教授、ダサいような。グート・レーベルでの教授は妙に化粧っけがあるんです。ちょっとキモイ・・・。


空兵ーSさん、
ONKYOもそういうの出してて、良いかもと思ったのですが、
やはり使い勝手はiPodに分があると思います。どこにでも手軽に持ち運べて、どこででも音楽に浸れるのは美徳です。
by イチロ (2008-08-01 18:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。