So-net無料ブログ作成
検索選択

コンプリート・ライヴ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード1961 [音楽]


コンプリート・ライヴ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード1961




たまたま、今、聴いている。それは、iPodアルバムシャッフルにしていて
今流れているからなのだけれど。

CD3枚組だが、iPodに入れてぶっ続けで聴ける状態になっているので
僕の大好きなビル・エヴァンスのこのトリオの演奏を
死ぬまでというか、棺桶まで持っていってもいい。
ビル・エヴァンスについては、かなりの音源を集めているつもりだけれど、
そして、当然、この演奏については、何枚もアルバムを持っているけれども
(リマスターの度に・・・)。
でも、この3枚組のコンプリートヴァージョンが一番いい。
音質よりも、この雰囲気はこの3枚組でしか味わえない。
そういう愉しみをこの3枚組は味あわせてくれる貴重な存在。
LPとかCDとかあるけれど、ひっくり返したり、入れ替えたりしないで
済む有難さも重要かなと思う。
記録メディアが変わってきて、その辺に一番神経を使う。
LPの頃はA面B面があって、それは、意味がある場合が多かった。
要は、愉しむこと。臨機応変に。
音楽はかなり自由になる。



nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 2

空兵ーS

お久しぶりです。
それぞれ聞き方に沿ったメディアがあって、
いい時代に生まれたものです。
by 空兵ーS (2009-12-13 21:34) 

イチロ

ありがとうございます。
本当にお久しぶりです。

多分、メディアが多様化してしまって、
便利になったけれど、それだけではないのだと思います。
ソフトが変わって行っても、自分の好みの音を大切にしておかないとなと思います。
リンがCDプレイヤーの製造を打ち切りにしたのは驚きですが、
確かに、エソテリックのP-0のようなトランスポートでないと
CDの情報をリアルタイムで反映できないし、いくらP-0を持ち込んでも、スピーカーまでの情報をうまく制御しないと決して好みの音にはならない。それを考え始めると、金持ちのお遊びでしかなくなっちゃいますよね。まあ、趣味だからそれでも良いのかもしれないけれど。。。
でも、若い頃、オンボロラジカセから流れていたラジオ放送から流れてくる音楽にとりつかれたような感動!
この原点だけは、僕は失いたくないと思います。
そういう意味では、今の若い人は、不幸せなのかも。。。
だから、空兵さんの愉しみって素敵だと思います。
音楽ありきだから。
僕が偉そうなことを言う資格はないと思いますが、
オーディオをとるか音楽をとるかと言われれば、
僕は迷わず音楽を選びます。オーディオは、ツールでしかないから。
生音を聴く愉しみ、ソフトを聴く愉しみ、
僕は、後者にかなり比重を置いていますが、
それは、ある程度まで自分色で音楽を楽しめるからだなと思います。
ライヴを会場のままに再現することはオーディオでは不可能ですから。
思っていることをうまく書けませんが。。。
by イチロ (2009-12-13 23:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。