So-net無料ブログ作成
検索選択

あきれたトップの学長たち [社会]

事業仕分けに対する批判を大学の学長衆がしていましたが、
やはり、言っていることが曖昧で、説得力がないと思いましたね。
一応、彼等は学会発表とかしてきたプレゼンのプロ達だと思うのですが、
一般人に論理性を持って説明できないなんて、
大学の本質を疑いますね。
大学内部の改革無しには、健全な研究はできないと肝に命じるべきだと思います。
大学内の優秀な研究者が潤沢な研究費を使って自由で素晴らしい成果を出すには
失敗を恐れる必要はないと思いますが、
それ以外の何をやっているのか説明できないような安穏とした研究と
無駄な維持費は徹底的に切るべきでしょう。
一度購入しただけで、ほとんど使われないような高価な機器が
大学内にはゴロゴロしているはずです。
それは、国の研究機関にも言えますね。
それらの費用は国民の税金や企業からの共同研究費からまかなわれています。
研究者というのは、金銭感覚が麻痺していますね。
調べる人がきちんと調べれば無駄というのは大学内でかなり出て来るでしょう。
多分、大学側や国の研究機関はそういう状況を公表できないと思います。
色々と理由をつけて。もしも、そうならば、裏があると疑うのは当然ですよね。
ただ、本当に国民や人類にとって資産となるような将来性のある研究には、
予算をつけるべきです。
その見極めを識者とやらが的確にできるのかも重要な事であると思います。
だらだらと書きましたが、あの学長たちは、子供でも理解できるような説明力が決定的に欠如していますね。

研究者としての国民への説明責任 [社会]

次世代スパコンについて、研究者の言い分があるようですが、
まあ、国民に対しての説明責任が全くなされていないですね。
科学者であれば、世界一のスパコンに関する、その重要性について、
世界レベルでのスパコンを用いた研究の現状を解りやすく、
客観的なデータを基に説明する必要があるでしょう。
それさえも、説明できないで、例え世界一のスパコンを
日本で作ったとしても、彼等が言うような成果が出なかったら、
果たして彼等は責任を取ることができるのか。
そこまで考えている研究者はなかなかいませんよ。
そこは、研究だから、負ける場合もあるという言い逃れは、
研究者の言い訳で、実際には、研究者自体の発想力の貧困さに問題があります。
もっと、研究者は国民に対して己れの研究の重要性を解りやすく説明する義務を
果たさねばならないと思います。
それができない研究者は、自己満足の為に生きているようなもので
そういうひとたちに国民の税金を振り分けている現状を国民は知らされるべきだと思います。
おそらく、今の科学は、行き詰っているように思います。
研究者は、何のために研究しているのかをわかってもらえるように
説明する義務があり、自分の研究が意味のあることか、そうでないかを
冷静に判断できなければ、研究をする資格はありません。
無駄な研究が多すぎます。国民はそのことをもっと知らされるべきです。

単純なこと [社会]

単純な質問。
人間にとって、いや生命にとって最も重要なことは?
それは、一言で、食べること。
食べなければ死んでしまう。
当たり前だ。
そこで、我が国の事を考えてみよう。
日本は、食べてゆくことができるか?
今は、なんとかなっている。食べ物を輸入に頼って。
でも、考えてほしい。
お金で食べ物が買えなくなったらどうするのか?
もしも、世界的な飢餓が訪れたら、果たして日本を守ってくれる都合のよい国が現れるか?
自分の国の食料もままならぬ状態になって、ほかの国に食料を輸出してくれるような都合のよい国がはたして存在するであろうか?
日本は即、自滅である。
車なんか、持ってても何の役にも立たない。技術を支えに生きても何の役にも立たない。
こんなこと、至極あたりまえの思考能力を持っていればわかりそうなことである。
今の若者は、そういうことは分かっている。というか、基本中の基本であろう。
どうにもならないのは、大人たちなのかもしれない。
本当に大切なものが、見えているのか、果たしてわかっていないのか?
わかってなかったら大問題ですよ。
わかっているのにこの有り様でも、大問題ですよ。
お金がすべてではない。お金が役に立たなくなることを想定した対策が必要である。
こういう状況になったら頭がいいだけでは(要領がいいだけでは)、何の役にも立たないですよ。
お金ですべてが解決する時代は過ぎ去ろうとしている。
略奪の時代がまた訪れたら、というか、こういうときは来ると思いますよ、生きるためには方法を顧みない人間もいますから。
人間の心は、進化どころか、退化していっているようにしか思えない時が多々あります。

多様化した先に行き着くところは。。。

言わせて [社会]

ひとこと言わせてもらう。
あまり、社会とか人間とか、そういうことに触れるのは、得意ではないけれど、
これだけは言わせてもらう。
今、派遣切りが問題になっている。これが今の世の中の象徴だと思います。
この問題について自分の意見を述べたい。
社会は、弱者である派遣労働者を守ろうともせず、企業の経営者は、何も自分の責任を感じず
すべての問題を安易な方法で片付けようとしている。
派遣労働者は、安い賃金で技術立国日本の基盤を質の高いレベルで支えてきた。
真面目に働いてきた日本の誇れる人材を路頭に迷わせようとしている。
企業の上の人間は、金儲けのことしか考えず、いつまでも製品が売れるつづけると信じていたのか、
計画性もなく売れることだけしか考えられず、売れないことがあるとは読めないおバカたち。本当にそうなら救いようのないことだぞ。
普通、しっかりと計画を持った指導者ならば、良い時は当たり前で悪い時にどう対処するかで真意が問われるものではないか。
今回の派遣切りに、企業の良心は全く垣間見られない。
無責任極まりない態度。
これが、良識ある、トップに立つ人間のすることか?
まず、自分たちの給与を減らしてでも弱者を体を張って守るという気持ちはないのか?
そういう輩たちが、社会の上で胡坐をかいてのほほんと暮らしている社会が、人間の本当の姿なのか?
普通に暮らしている普通の皆さんにも問いたい。
こういう社会で良いのでしょうか?
家庭を、子どもを守ることは大切です。それが根幹になければ何も始まらない。
でも、それだけでいいのでしょうか?
本当に今の社会が良くないと思っている人がいますか?
どこか、他人事で済ませていませんか?
このまま行けば、社会はもっと空虚な人間の集うものとなってしまいますよ。
ここで、僕がこんなことを言っても何も変わらないと思います。
本当の教育をしていますか?
何も知的レヴェルが高いことが教育ではないと思いますよ。
偏差値や成績にしか結果を見出せないおバカな親、教師。物事の本質を考えることを避け、決断力を備えたたくましい若者の輩出を怠ってきた社会。
何もかもが虚構の人間社会。
このままでは、本当に堕落してしまいますよ。
それでいいんなら僕は何も言わないことにします。
僕は人間が嫌いですから。こんな人間なんて地球の屑だと思っていますから。
他の生命、生態系には迷惑をかけてほしくないですね。せめて。自然や地球、宇宙は人間の所有物ではないですから。
問題は人間だけの中にしてほしい。何が知的生命体だ?
宇宙の中で恥さらしな人間よ。
僕は、人間であることを恥と思っている。
僕は、こう考えることのできる自分を誇りに思います。あっ、認めてくれなんて思ってませんから。そういう気持ちで書いてるんじゃありませんから。
中途半端で何もしない何も考えないよりは、自分の意見を持っているから。それだけです。
そして、僕は僕にできることをしようと思う。
もう、いい加減な気持ちで、世の中を過ごすことは許されない。

そして、今の人間社会がどこまで落ちぶれていくか見つめていようと思う。
落ちぶれるか、持ち直すかは人類の皆さんの手に委ねられていますよ。それでも人間を愛してやまない人間たちよ。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。